背圧弁
(バックプレッシャーバルブ)一次側圧力が設定値以上になった時、バルブを通してその圧力(ガス)を逃して、一次側の圧力を一定にする弁。