圧力調整弁(レギュレーター)
圧力制御弁(プレッシャーレギュレーティングバルブ)は、流量コントロール制御において、フローにかかる圧力を一定状態にコントロールしたり、圧力を減じたりするためのバルブです。圧力制御弁には減圧弁背圧弁があり、減圧弁は供給側の変動する圧力に対し出口側の圧力を一定にするもので、一般に装置の初段に多く用いられます。これに対し
背圧弁は、一次側の圧力を一定にするようにガスを抜く一種の定量にがし弁です。