第二種圧力容器
厚生労働省令のボイラー及び圧力容器安全規則にて下記の容器と定められています。ゲージ圧力0.2MPa以上の気体をその内部に保有する容器で内容積が40L以上の容器、または胴の内径が200mm以上で、かつ、その長さが1000mm以上の容器。