校正
標準器、標準試料等を用いて計測器の表す値とその真の値との関係を求めること。