トップページ > ガス発生装置 > 水素吸蔵合金キャニスター

水素吸蔵合金キャニスター KHCS SERIES(6NL-900NL)

水素吸蔵合金キャニスター

実験室のガスボンベに代わる新しい水素供給ツール。
水素を安全に持ち運び使用できます。

水素吸蔵合金キャニスターは、水素を吸収・放出する特性を持つ
水素吸蔵合金が充填された容器です。
コンパクトで安全。繰り返し利用することが可能。
ガスボンベに代わる新しい水素供給ツールです。

カタログダウンロード

主な特長

1.高圧ガスに該当しません
 ・室温下で1MPaの圧力を超えないため、高圧ガスや圧力容器に該当しません。
 ・検査や届出などの法律対応や維持管理業務から解放され、安全で管理フリーの実験環境が構築されます。

2.水素吸蔵合金を利用
 ・容器内の水素吸蔵合金2000回以上の繰り返し使用でも劣化しません。
  また、水素吸蔵合金は水素分子のみを選択的に吸脱着するため、高純度な水素ガスを吐出します。

3.軽量・省スペース
 ・片手で簡単に持ち運べる重量・大きさであり、実験室内で持ち運び可能な水素源として活躍します。
 ・設置場所を選ばず、固定具は不要でありながら最大900Lの水素を提供します。
  メンテナンスは不要です。

4.安全設計
 ・安全弁(圧力逃がし弁)を有しており、容器耐圧を超えることはありません。
  また、各種耐性試験をクリアしております。
 ・汎用ネジ規格を採用しているため、機器・継手への接続も簡単です。 水素吸蔵合金キャニスター

機能紹介

水素を可逆的に吸放出できる水素吸蔵合金を利用
水素分子は水素吸蔵合金の表面で水素原子に解離し、水素吸蔵合金中の金属原子と結合します。
水素ガスを放出する際は、水素吸蔵合金中の水素原子が合金表面でもう一つの水素原子と結合して水素分子になります。 水素吸蔵合金キャニスター

使用例

化学反応水素源、ガスクロマトグラフィーに最適
バルーンに代わる化学反応用の水素源の他、ガスクロマトグラフのFIDや燃料電池用の水素源として最適です。
また、コンパクトであるため、装置内への組み込みや屋内外での持ち運び利用にも適しています。 水素吸蔵合金キャニスター

アクセサリー

安全・便利に使用するためのアクセサリーが充実
ワンタッチ継手は工具不要で装置類への接続・脱着が容易です。
CANISTER-BASEはキャニスターを保温し吐出圧力を高めることが可能です。また冷却機能も有しており、水素を再充填する場合に最適です。 水素吸蔵合金キャニスター

仕様



この商品について

この製品に関するお問い合わせ各種資料のダウンロード