酸素濃度制御装置 GCTR SERIES

酸素濃度制御装置

本装置は、窒素ガスに圧縮空気を注入することで、窒素ガス中の酸素濃度を設定した濃度に制御することが可能です。
混合後の酸素濃度を監視し、圧縮空気の注入量を自動制御することで、設定した酸素濃度を保ちます。
例えば、残留酸素濃度の数値設定が不可能な窒素ガス発生装置などを用いて、一定濃度の酸素ガスを供給する場合に非常に有効な装置です。
材料製造工程での酸化反応や、低酸素濃度雰囲気での実験、培養等での導入実績がございます。

また、供給するガスは他のガスでも製作が可能で、次のような組み合わせも可能です。
詳細は当社営業担当までお問い合わせ願います。

・N2 + CO2 → 「食品包装向け置換ガス」
・N2 + H2 → 「ボンディング、ハンダ付け向けのフォーミングガス」
・N2 + H2 or He → 「リークテスト用ガス」


ガス供給フロー(例)

酸素濃度制御装置

GCTR-25系統図(参考)


GCTR-25系統図

主な特長

酸素濃度制御装置

使用用途


標準仕様


酸素濃度制御装置

この商品について

この製品に関するお問い合わせ各種資料のダウンロード