燃料電池評価装置

燃料電池評価装置

燃料電池は水素と酸素から発電し、電力を取り出します。排出物が主に水のみで、環境有害物質の排出がない燃料電池はクリーンなエネルギーとして研究されております。

なかでも、固体高分子形燃料電池(PEFC)はイオン伝導性を有する高分子膜を電解質として用いる燃料電池です。

作動温度が低く、装置の小型化が期待できるPEFCは家庭用発電と給湯等への熱利用による高高率なコージェネレーションシステム、クリーンな排気の燃料電池自動車、ノートパソコン、携帯電話等モバイル機器用電源の分野で開発が行われております。

本装置は、このPEFCの発電試験装置で、発電に必要な水素、空気(または酸素)を加湿し、PEFCに供給します。

弊社流量制御技術を生かし、試験用途に応じて設計・製作しております。

カタログダウンロード

特長

    ●セル台は引き出し式でコンパクト
    ●セル台上部に水素検知器、実験終了時Nドライパージで安全機工
    ●入口ガス圧低下、温度過昇でインターロック機能
    ●加湿器自動給水、トラップ自動排水で耐久試験に最適
    ●電子負荷装置と組み合わせて、燃料利用率一定制御、プログラムによる連続運転が可能

標準仕様

ガス流量アノード:500~1000NCCM
カソード:500~2500NCCM
パージガス:1000NCCM(精密ニードルバルブ付流量計)
ガス露点40~90(℃)
ガス温度40~120(℃)
タッチパネルバルブ開閉制御
アノード・カソード流量設定
温度設定
インターロック制御
※パソコン接続にて、外部からの連動運転が可能
電源AC100V 30A(電子負荷装置除く)
重量約100(kg)
寸法900W×480D×750H(mm)

>※上記仕様は、弊社標準仕様となります。
 お客様の仕様に合った内容で製作可能ですので、お気軽にご相談下さい。


この商品について

この製品に関するお問い合わせ各種資料のダウンロード