窒素ガス発生装置

窒素ガス発生装置
【原理】
窒素ガス発生装置に用いられる吸着剤CMS(Molecular Sieve Carbon)は、吸着初期に多量の酸素を選択的に吸着する特性と高圧力下での吸着量が大きい特性を有しています。
吸着タンクへ送り込まれた空気中の酸素ガス、炭酸ガス、水分等が短時間のうちに吸着され、高純度の窒素ガスが吸着タンクの出口側より、製品ガスとして得られます。(吸着工程)一方、酸素ガス等を吸着した吸着剤CMSは常圧まで減圧する事で容易に脱着再生が可能です(再生工程)。又、吸着工程再生工程の間に均圧工程が有ります。この工程は吸着工程の完了したタンクより、ガス回収し、原料ガスの消費を少なくする為に有ります。このように、2槽の吸着タンクで吸着→均圧→脱着再生を繰り返し、2次側に設置されたバッファタンク内で圧力を整え、連続的に高純度の窒素ガスを製造する事ができます。このような吸着方式をPSA(Pressure Swing Adsorption)方式と呼びます。

【用途】
●ボンベ代用
 各種分析器・科学機器等のキャリヤガス・実験室・研究室で使用するパージガス。
●熱処理用
 金属熱処理雰囲気ガス・パーシガス・セラミック・フェライト焼成雰囲気ガス・半田付け処理・溶接時の酸化防止ガス。
●半導体工業用
●青果物のCA貯蔵ガス用
●無酸化シールガス 食品
 薬品類の包装充てんガス・溶接等のキャリアガス・脱酸素剤の節減
●防爆・防錆ガス用
 タンク・反応槽・配管等のパーシガス・可燃物のシールガス・通信ケーブル・各種タンクの防錆ガス
●船舶シールガス用
●合成繊維・溶融紡糸雰囲気ガス用

※お客様のニーズに合わせ、様々な特別仕様にも対応致します。

製品一覧