会社沿革

1949年 京都府綴喜郡田辺町において小島久直商店としてスタート。
分析機器用、実験用等の微少流量計の製造販売開始。
1952年 社名を小島製作所と改称。
1969年 微少流量調節用制御弁、圧力調整弁の製造販売開始。
1971年 京都府綴喜郡田辺町河原に本社および工場を新築。
1973年 流体制御装置の製造販売開始。
1974年 小島製作所を株式会社小島製作所に改組し、資本金1,000万円で発足。
1978年 東京都千代田区に東京営業所開設。
1982年 京都府綴喜郡田辺町草内において敷地1,000m2取得、同敷地内に本社および工場を新築完成。
1983年 大阪市北区に大阪営業所を開設。
1985年 本社工場敷地内に新工場完成。
1988年 本社工場隣接地2,310m2取得。
1989年 創業40周年を期にCIを導入、本社工場増築完成。 京都府綴喜郡田辺町河原において敷地640m2取得。
1990年 酸素・窒素ガス発生装置製造販売開始。
1992年 京都府宇治田原町に敷地11,184m2を取得。1,682m2の新工場完成。
1993年 オゾン水処理システム製造販売開始。
1995年 名古屋市中村区に名古屋支店を開設。
1996年 宇治田原工場敷地内に研究開発棟完成。
高純度の窒素ガス発生装置で「京都中小企業技術大賞」を受賞。
1997年 社名を株式会社小島製作所からコフロック株式会社に商号変更。
1998年 横浜支店、福岡支店、京都支店を開設。 宇治田原工場敷地内に新工場完成。
1999年 厚生省より医療用具製造承認を受ける。ファーストライフ(在宅酸素濃縮器)製造販売開始。ISO9001の認証取得。
2000年 50周年を機会に決算期を変更。
2001年 宇治田原工場内にクラス100のウルトラクリーンルーム完成。
2003年 地域新生コンソーシアム研究開発事業に着手。
2004年 FP・FS二事業部制を採用。
2006年 ISO14001の認証取得。
2008年 経済産業省「関西フロントランナー大賞2008」を受賞。
2009年 経済産業省「2009元気なモノづくり中小企業300社」に選出。
2010年 小島久寿が取締役会長に小島眞理子が代表取締役社長に就任。
取締役会長小島久寿が社団法人日本経営士会より「ビジネス・イノベーション・アワード」優秀賞を受賞
2012年 ブランド名を「KOFLOC」から「KOFLOC Kyoto」に変更。
本社工場内に新棟(P1棟)完成。
宇治田原工場を閉鎖し、本社工場・八幡工場に集約。
取締役会長小島久寿が京都府より「産業功労者賞」を受賞。
2013年 中国上海市に当社100%出資の現地法人設立